絵本

絵本の世界旅行〜イソップ・アンデルセン・グリム

絵本の世界旅行

 
TOP子育ての風絵本の世界旅行
絵本の世界…それは夢の世界。
子供の頃本気で信じたワクワクするような世界…
今も心に残る夢の世界…絵本の魅力は今も変わらない。

誰もが子供の頃に何かしら
絵本にまつわる想い出を持っているのではないでしょうか。

世界の様々な国で生まれた絵本達が
国境を越えて世界中の子供や大人に感動を与え喜ばれています。
まるで絵本が世界旅行しているみたいに♪
そう考えると絵本の世界には国境が無いという事をつくづく感じます。
子供の頃、私も沢山の絵本達と出会いました。
国境を越えて世界各国で親しまれた絵本達…愛すべき絵本の世界。
私自身の絵本にまつわる想い出をここで振り返ってみようと思います。

日本の昔話の絵本は殆ど読みましたが
中でも『舌切り雀』は幼い心を痛めた記憶があります。
その頃、家の庭には毎日のように雀が遊びに来ては
“チュンチュン”と可愛い鳴き声を聴かせてくれていました。
きっとそんな事も影響したのかもしれませんが…何度も読んだ絵本です。

日本の昔話とされる絵本には、舌切り雀の他にも
かなり衝撃的な内容のものが多いのも特徴ですよね。
例えば、かちかち山・さるかにかっせんなど…

子供の頃は桃太郎が桃から、かぐや姫が竹から生まれても
何も不思議に思いませんでした。
そのままストレートに心に入ってきましたよね。

そのせいかどうか知りませんが
現代では原作の衝撃的な部分を修正したような内容の絵本を
見かけるようにもなりました。
これについては賛否両論があるようです。

又、つるの恩返し・花さかじいさん・かさじぞうなど
人への恩や感謝を描いたものも印象深い絵本でした。


       日本の昔話は善悪の存在と感謝の心を教えてくれる
数多くの有名なイソップ童話(ギリシャ)の中では
『羊飼いと狼』という絵本が印象的でした…そうあの嘘つき少年のお話です。
軽い気持ちで嘘をついたばかりに
最後にはあんな恐ろしい事になるなんて…

子供ながらに怖かったですねぇ本当に!
その理由の一つに、この少年に起きた出来事が
どうしても他人事とは思えなかったんです。
嘘をつくのは良くない事だと理解し始めた頃だったのか…
嘘はつかないようにしよう…と静かに小さな胸に誓ったものでした。ハハハ^^;

イソップ童話で他に有名な絵本では
アリとキリギリス・ウサギとカメ・北風と太陽などがありますが
イソップの絵本を通して想う事…それは…
『傲慢になってはいけないよ、謙虚さを忘れちゃダメだよ〜』という事。

人間としての生き方を教えて頂いているような…
今読んでも当時と変わらずそんな気持ちにさせられる
独特の世界がイソップ童話にはあります。


                 イソップ童話は人生の教訓を教えてくれる
 
アンデルセン童話(デンマーク)もとても好きでした。
中でも『はだかの王さま』という絵本に出会った時は
子供ながらに考えさせられた記憶があります。

子供だった私が、大人の世界を垣間見たとでも言いましょうか…
王さまが裸だと言い放ったあの子供は決して勇気を出した訳でもなく
自分の目で見たままを話しただけ…
それに反して大人達の姿は滑稽そのものでした。

私はちょうどその頃、大人への尊敬の念を抱き始めていた頃でしたから
やはり少しショックを受けたのかもしれません。
『大人になっても変わってはいけないものもあるのだなあ〜』
そんな事を考えたような記憶があります。
物語の中で間違いを犯していたのは、明らかに私が尊敬する大人達でした。
アンデルセン童話の中で他に有名なものは
マッチ売りの少女・おやゆび姫・みにくいアヒルの子などですが
おやゆび姫は花びらくらいに小さいお姫様が可愛らしく大好きでした。
みにくいアヒルの子は最初からずーっと可哀想な話でしたが
最後の最後にあの美しい白鳥の姿になった時は
心がスッキリしたのを憶えています。

マッチ売りの少女は、子供の頃の感動があまり記憶にない代わりに
親になって子供に読んであげた時にヒドク感動してしまいました。
読んでいると、途中から必ずというほどに涙が溢れ出してしまうので
『ママはこの絵本だけは最後まで読んでくれないね。』と
子供によく言われていました。^^;

何だか笑えるような…不思議な話ですが…
子供を持つ親になった事が関係しているのかもしれません。

       アンデルセン童話は優しい心を育ててくれる

グリム童話(ドイツ)も好きでした。
中でも『ヘンゼルとグレーテル』の絵本が大好きでした。
子供を山へ捨てるという悪事にも驚きましたが
それ以上にこの絵本に魅力を感じたのはあの“お菓子の家”の挿絵て゜した。

家の全てがチョコレートやクッキー、キャンディーなどのお菓子でできていて
美味しそうで美味しそうで…
『こんな家があったらいいな〜行ってみた〜い!』と何度思ったことか!!!

飽きもせず、ず〜っとその絵を眺めていたのを思い出します。
そうすれば、自分も絵本の中にいつか入り込めるんじゃないか…
今では笑えるような話ですが
当時は真剣にそんな事を考えたりしていましたね。

挿絵があるから絵本というのでしょうが
絵というのは、子供の感性を刺激するという意味でも
想像以上の力を持っているのだと感じます。

    信じる心を持つ天使…それが子供 

他ににもグリム童話は沢山の夢を見せてくれました。
シンデレラ・白雪姫・ブレーメンの音楽隊・赤ずきん・狼と七匹の子山羊など…
どれもこれも心に残る絵本達…


              グリム童話は素敵な夢を見させてくれる
こうして絵本の想い出を振り返ってみて想う事…
絵本とは、子供が初めて出会う人生なのかもしれない…
これからの人生の中で出会う善悪の事…
優しい心が人や自分を幸せにするという事…
因果応報はこの世に存在するという事…

大人になる為の準備と言いますか
きちんとそのような要素が絵本の中には含まれている気がします。
そして子供自身もその人生というものにとても興味を持っていて
絵本の中の主人公にいつの間にかなってしまっているんですよね。

勿論、それだけではなく絵本の中では無限の夢が見られます。
絵本を開くと一瞬にして夢の世界へ…まるで魔法のように☆
だからきっと子供は絵本が大好きなんだと思います。

私が大人になってから読んだ絵本といえば…
フランス作家、アントワーヌ・サンテグジュベリの『星の王子さま』

絵本は子供のものと思っている方多いのではないでしょうか。
しかし、絵本とは間違いなく
子供も大人も楽しめる無限の魅力を秘めているのです。
子育て
 親の愛情表現
 ママ友達との出会い
 魅力的なママ友達
 無二の親友

 夫婦の悩み
 絵本の読み聞かせ
 絵本の世界旅行
 食物アレルギー
 アレルギーに効くもの

福祉資格
 介護ヘルパー2級体験記
 ホームヘルパー2級取得
 介護福祉士 国家試験
 介護職員基礎研修
 ケアマネジャー(ケアマネ)
 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

生活
 ビタミン☆栄養と健康
 ロハスな生活
 夢、ありますか?
 孤独の幸せ
 夢占い〜デジャブ
 旅行と英会話

体験◇想い出
 スカイダイビング体験記
 マラソン大会の想い出
 ダイエット体験談
 新宿の夜景

趣味
 韓国ドラマ&ソ ジソブ
 冬のソナタの世界
 日本ドラマ 砂時計
 日本のドラマ
 洋画の世界
 日本映画の世界〜love letter
 魅力的な人
ペーパードライバー教習 【不要】 「運転までのステップと安全運転テクニック」〜ベテランドライバーに負けない実践スマートドライビング〜
 Copyright (C) 子育ての風 All Rights Reserved